ただいま新規入会受付中! お申し込みはこちら

保護中: 質問の仕方で決まる問診の成果

どうもどうもタケヒロです。

ここ最近は問診にフォーカスしたブログを書いています。

順番に読むと理解が深まるようにしてあるので以下を読んでない方はぜひ読んでくださいね。

今回は相手の本音的な部分を話してもらうためにはどのようにしたらいいかを考えてみます。

問診の目的は?

  • 治療に必要な情報を得るため
  • 患者さんの生活背景を把握するため
  • 病態を推測するため

過去のブログにも全く同じことを書いていますが、多くの方がこんな風に答えると思います。

しかし、

実は大事なことが抜け落ちています。

もちろん症状改善のために病態把握は非常に重要ですが、我々は見ているのは疾患・症状ではなく人です。

 

そこには考えがあり、意図があり、欲求があり、希望があります。

 

そしてこれらは口から言葉として出てこない限り、本人以外は知ることができない内容です。

また本人すら自覚していないこともあるので、自ら言葉にして話してもらうことで自覚してもらう必要性もあります。

 

説明されると大したことないかもしれませんが、これがリピートに大きな影響を与える可能性があります。

腰痛患者さんがあなたの院に来ました。

なんとなく問診、なんとなく施術、なんとなく会計して帰宅…

「あれ?なんのために行ったんだっけ?…とりあえず腰痛は良くなったしまた痛くなったら行くか」

目的や目標が定まっていないと通院の必要性が弱まりますし、あなた自身が患者さんの記憶に印象を残せない可能性もあります。

目的・目標意識がある人、ない人、どちらがリピートの必要性を理解していると思いますか?

ここまで読んで「そんなことないだろ笑」と思う方は想像力が足りないのではなく、実際に起こっていることに気づけていないだけです。

  

このブログでも説明しましたが、目標の合意をせずに進むのは良いことではありません。

自分の問題点はスラスラ詳しく話すけど、それがどうなれば解決したと言えるのか、解決したら今とは何が変わっているのかをスラスラと話す患者さんはとても少ないと思いませんか?

つまり、現状の問題は理解していてもどうなれば目標が達成されたのかについては不明瞭な患者さんが多いということです。

問診ではここをクリアにしておくことがその後のためにも、お互いのためにも、非常に重要です。

気付かすのと気付いてもらうのは違う

この続きはパスワードで保護されています。全文を閲覧するためにはパスワードの入力が必要です。

この記事がいいと思ったらシェア!

この記事を書いた人

スズキ タケヒロのアバター スズキ タケヒロ 集-tsudoi-設立者

得意の徒手療法を中心に初学者が明日から現場実践できる基礎内容を担当