頸椎セミナー in 静岡

頸椎症状に不安なく対応できていますか?

  • 寝違えの対応に困っている
  • 頭痛への介入が後頭下筋群を緩める以外ない
  • 頸椎の運動療法がよくわからない
  • そもそも頸椎に触るのが怖い
  • 良くなってもすぐに症状が戻ってしまう
  • 鍼や物療以外の頸椎アプローチを知らない
首の痛みの画像

頸椎症状への対応に不安がありませんか?

そして、どうすればその不安が取り除けるかご存知ですか?

もし、「No」と答えたあなた。

日々の不安や悩みを放置していませんか?

不安を抱えたまま毎日を過ごすことは、モヤモヤを持続させ臨床家としての成長を妨げます。

評価、手技、運動療法、必要なものが多い

仮に知識やテクニックを身につけたとします。

しかし適切な評価なしには宝の持ち腐れ。

どんなに凄いテクニックを持っていてもターゲットが定まらないことには無力に等しいです。

まずは評価を身につけることが最優先です。

 

しかし評価だけでは症状への介入は行えません。

 

次に必要なのはテクニック(運動療法や手技)

 

様々な方が来院される中、多種多様な症状に自信をもって対応できるようになるためには必要なものは多いです。

評価、手技、運動療法の画像

頸椎に対する不安をなくし、毎日の施術に自信を

毎日の施術に自信はもてていますか?

施術に自信をもつには「結果」を出さなければなりません。

しかし、課題解決を後回しにしていてはいつまで経っても結果につながりません。

重要なのは「何をすればいいのか?」を理解することで、確かな結果に直結させることです。

そして、成功体験を積み重ねることにより自信が生まれ、不安が払拭されます。

そうすることで楽しい毎日になり、課題解決へも前向きに取り組むことが可能です。

自信のある施術で確かな結果を

適切な評価が身につくと、テクニックの効力が増し、あなたの活躍の場が広がります。

目の前の方と向き合うことがあなたの結果(=成果)につながり、更なるステップアップになります。

しかし、何を、誰から学んだらいいか?がわからなければ「結果」につながらないのも現実です。

頸椎症状の対応に自信がもてるようになるセミナーを開催します

本セミナーでは評価、手技、運動療法を網羅します。

このセミナーで得られるもの
  1. Evaluation:評価
    問診内容から姿勢評価、介入すべき髄節の見極め方、痛みの捉え方など
     
  2. Test:検査
    頸椎性頭痛の鑑別検査
      
  3. Procedure:手技
    椎間関節に対する手技を10種類
    頸椎椎間関節に対するMobilisation
    頸椎の自動運動とMobilisationの併用テクニックなどなど
     
  4. Exercise :運動療法
    患者さんに触れずに対応できるようになる運動療法を10種類以上
    運動療法なので基本的に患者さんが取り組めるものになります。

 

ハウツーだけの実技セミナーでは学んだ内容を実際に現場活用できないことがよくあります。

それはなぜか?

 

テクニックだけ持っていても評価ができなければ使い所がわからず、効果判定もできないからです。

評価

予診票の画像

問診、可動域検査、姿勢評価のポイント

それらの検査結果からどの髄節がターゲットなのかの見極め方など

また運動療法中に痛みが出た際の痛みの考え方も解説します。

手技

下部頸椎椎間関節に対する手技

患者さんの自動運動と手技を併用したテクニック

コンタクトポイントや力の方向など細かくお伝えします。

頸椎の伸展モビライゼーション

頸椎はここまで動く

術者も患者さんも驚きの可動域改善テクニック

実技当日は十分な時間を確保してお伝えします。

その他にも側屈や回旋など様々な手技をお伝えします。

運動療法

下部頸椎伸展運動療法

頸椎の運動療法の基本中の基本

これが指導できるだけでも患者さんへの貢献度は高まります。

頸椎〜上部胸椎伸展運動療法

指導は実践した人にしかできません。

まずは自分が正しいやり方を知ることが指導への第一歩です。

その他にも様々なバリエーションをお伝えします。

受講者の負担を減らせる構成にしました

セミナースタイルの画像

座学と実技を1回に詰め込むと時間の制約などにより伝えられる内容に制限が出てしまう上に、受講者は短時間で多くの情報を受け取ることになるので負担は増えてしまします。

そこで本セミナーでは座学パートをオンラインで、実技パートはオフラインで行います。

実技パートの〇〇週間前にzoomで座学を事前学習、実技パート当日までアーカイブも観覧可能にし余裕をもって復習できる形にしています。

実技パートは直接指導により習得していただきます。

事前に座学を学んでいるので当日は実技に全ての時間を割くことが可能です。

このような構成にすることで受講者の負担を減らした状態で内容を伝えることができます。

事前学習のために参加者特典を用意してあります。

運動負荷判定基準の画像
運動不可判定基準の提案

こちらの記事を参加者全員に差し上げます。

セミナー講師:スズキタケヒロ

プロフィール

【資格】

柔道整復師 / 国際マッケンジー協会認定セラピスト

ライフキネティック公認トレーナー

Formthotics Medical 取扱資格

【活動】

高校ハンドボールコンディショニングトレーナー

Dリーグ参戦チームコンディショニングトレーナー

立川すずひろ整体院 院長

タケトーーク / トレーナー会議主催

Brainコンテンツ販売500部以上

【得意】

マッケンジー法をはじめとした徒手療法および運動療法

基礎医学、臨床コーチング

本セミナーがおすすめな理由は頸椎の評価およびテクニックを習得すると頸椎症状だけでなく、頭痛や肩関節痛、テニス肘や腱鞘炎などの上肢症状にも対応ができるようになるからです。(その理由はセミナーで詳しく…)

このセミナーはこんな人におすすめです

以下のような方にこのセミナーはおすすめです。

  1. 寝違えや頭痛、首痛など頸椎症状に自信がない
  2. 症状の戻りに悩んでいる
  3. 痛みの評価に困っている
  4. 手技を身につけてバリエーションを増やしたい
  5. 運動療法を指導できるようになりたい
  6. 椎間関節へのアプローチ法を知りたい

【開催場所と日時】

2月12日(土)21:00〜23:00
zoom
頸椎の評価(座学と実技の紹介)
※アーカイブあり

2月23日(水)天皇誕生日
午前の部 9:00〜13:00
午後の部 14:30〜18:30
レンタルサロン EM
頸椎の運動療法、手技療法(実技指導)

【参加費用】

zoomのみ
一般¥6,000
学生¥3,000
定員制限なし

zoom+実技
一律¥10,000
定員
午前の部 6名(残枠5名)
午後の部 6名(残枠2名)

※実技のみの参加は不可
※各部開催最低人数4名

【参加に関する注意点】

・zoomはアーカイブ観覧が可能なため当日のオンタイム参加は強制ではなく任意です。
・ただし質問受付は当日のみになります。
・zoomで評価などの座学を事前学習後、オフライン形式で手技と運動療法の指導を行います。
・現地参加の方には資料をお配りします。
・実技は撮影可です。
・現地参加に関して前後1時間までの遅刻や途中退出を可とします。(例:1時間遅れての参加、1時間早く退出)
・ただし参加費用は変わりません。
・また実技のアーカイブはございませんのでご注意下さい。

【支払い方法】

銀行振込のみとさせていただきます。

【支払いについての超重要な注意点】

入金確認をもって参加確定となりますのでご注意ください。
実技に関しては早い者勝ち形式です。

入金確認ができない場合はご参加いただけませんので余裕をもってお申し込みください。
初回セミナーは2/12(土)ですので前日の2/11(金)までに入金確認ができない場合はご参加いただけません。

【キャンセルポリシー】

参加確定後(入金後)のキャンセルの場合、返金は以下の通りになります。

30日前まで:費用の30%
21日前まで:費用の20%
14日前まで:費用の10%
7日前まで:返金不可

いかなる理由であろうと上記の対応となります。
ご了承の上、申し込みくださいますようお願い致します。

前回の福岡開催時の参加者の感想

感想の画像
女性 理学療法士
感想の画像7
男性 柔道整復師
感想の画像4
男性 理学療法士
感想の画像3
女性 鍼灸師
女性 鍼灸学生
感想の画像2
男性 柔道整復師
感想の画像6
男性 柔道整復師
感想の画像8
 女性 鍼灸師

お申し込みフォーム

お申し込みは以下のフォームに必要事項をご入力ください。
申し込み締め切りは2/10(木)です。

実技は定員に達し次第受付終了となり、終了後のお申し込みはキャンセル待ちとなります。

当てはまるもの全てにチェックしてください。
この記事がいいと思ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人