ただいま新規入会受付中! お申し込みはこちら

保護中: アクティブSLRで鑑別する体幹筋機能不全

どうもどうもタケヒロです。

みなさんはアクティブSLRって使いますか?

正直あんまり聞かない?

パッシブSLR(いわゆる普通のSLR)は定番のように使われると思います。

アクティブSLR、自動的下肢伸展挙上ですね。

同じSLRでも自動と他動では検査対象が違います。

検査目的
アクティブSLR 機能不全筋の鑑別
パッシブSLR 腰椎椎間板ヘルニアの鑑別

アクティブSLRの手順

動画もあるのでよかったらどうぞ。

やりかたは簡単、下肢を伸展した状態で30°挙上してキープだけです。

この際に下肢が外転や内外旋などの代償動作が現れてこないか確認しましょう。

例えばこの段階で下肢挙上がしんどい場合、体幹インナーマッスルの機能不全が疑われます。

インナーマッスルのうち、本検査では腹横筋・腹斜筋・多裂筋の鑑別を行います。

鑑別その1

この続きはパスワードで保護されています。全文を閲覧するためにはパスワードの入力が必要です。

この記事がいいと思ったらシェア!

この記事を書いた人

スズキ タケヒロのアバター スズキ タケヒロ 集-tsudoi-設立者

得意の徒手療法を中心に初学者が明日から現場実践できる基礎内容を担当